英語でサビアン占星術

どうせ英語を学ぶなら好きなネタで。占星術好きで英語も勉強したい私の備忘録です。

牡牛座 Taurus

Taurusは牡牛座、あるいは金牛宮。象意の牡牛はBull。好色なゼウスが美少女エウロペに近づくために姿を変えたのが牡牛。

フォード社の車、トーラス(Taurus)の名も牡牛座に由来するようです。

牡牛座生まれの人はTaurean

広告を非表示にする

牡羊座 Aries

占星術に関する英語、トップバッターはAries...牡羊座、あるいは白羊宮。

その昔「アリーズ」という少女漫画がありまして、ギリシャ神話好きの私は愛読しておりました。でも、多くの方は「アリエスの乙女たち」のほうを思い出すのかも?
実際の発音はエイリーズという感じで、アリーズのほうが近いです。

象意の牡羊そのものはRamです。


牡羊座に太陽が入る春分点は、first point of Aries
ちなみに英辞郎によれば、「牡羊座生まれの」とか「牡羊座生まれの人」をArianともいうらしい(Ariesでも牡羊座の人を意味すると思いますが)。

発音がカタカナで書くとずばりエイリアンなんですが、シガニー・ウィーバーのほうのスペルはalienですから!

 

広告を非表示にする

牡羊座9度 Aries-9, crystal gazer

A crystal gazer
水晶占い師

 

crystal
水晶。結晶やクリスタル・ガラス、時計のガラスも。

gazer
見つめる人、凝視する人。あるいは監視する人。
転じて占い師になるのでしょうね。
有名な占星術ソフトにSter Gazerというのがありますね。星見、星読というような意味でしょう。

 

crystal gazerはカタカナ読みだと、クリスタルゲイザーです。念のため。
ちなみにミネラルウォーターのクリスタルガイザーは、Crystal Geyser

geyser は間欠泉のこと。
水晶のようにキラキラとして澄んでいる、美しい湧水のイメージなのかな。

牡羊座1度 Aries-1, woman and seal

A woman just risen from the sea; a seal is embracing her
海から上がったばかりの女が、アザラシに抱きしめられている

 

rise from 
(~から)身を起こす、立ち上がる、覚める、復活する、上昇するなど上にアップする↑イメージ。
まさに最初の度数のシンボルとしてふさわしい感じがします。

seal
この場合はアザラシ、アシカなど動物名ですが、同じスペルで「シールする」、つまり、封印、密閉、あるいはそのための印章・押印。欧米で手紙の封をするのに溶けた蝋に印章を押しますが、あのイメージ。
 
embracing
抱きしめること。
embraceは、動詞では抱擁する のほか、~を取り巻く、利用する、~を含む、~受け入れるなど、まるっと何かを包括するイメージ。
名詞では、抱擁、性交・交尾、包囲、受入。

 

…おそらく、アザラシはオスなんじゃないですかね…。そうでないとこの後、何も生まれないから。

サビアン占星術とは?

西洋占星術がお好きな方には、サビア占星術という言葉を最近はわりと頻繁に目につくものになったのではないでしょうか。

サビア占星術の詳細は他の専門サイトにも説明されているので、ここでは概要にとどめます。
西洋占星術では天を12分割し、それにはいわゆる○○座と呼ばれている12のサインが割り振られています。
そのサインをさらに30分割、すなわち天を360度として、その1度1度につけられた一言メッセージのような短い詩文がサビアンシンボル(Sabian symbol)です。
これらのシンボルは、アメリカの占星術師が霊媒師に1度ずつチャネリングさせたものなので、とても神秘的な表現が多く、解釈が難しいやら面白いやら、ということになっています。

そして、チャート上の各惑星や感受点は必ず360度のいずれかになるわけで、リーディングの時にサビアンシンボルの象意を加味して解釈するのがサビア占星術です。

ちなみに、sabian英辞郎で引いてみると

  サービア教徒(の)

と出てきます。知らなかった。
サービア教徒とは何ぞやということで、Wiki先生に聞いてみれば、コーランの中に啓典の民(異教徒)として出てくるんだそうです。で、よくよく読んでいけば、星辰崇拝という単語がヒットしてきます。
つまり、古代の中東で天体を観察して崇めていた人たち…


サビア占星術を作ったアメリカの占星術師がなぜこの名を使ったのか、読めてきた(ような)気がします。

 

はじめに

英語を勉強したいのだけど、興味のない内容って全然頭に入らないし、身につかない。

そういえば学生の頃、好きな外国人俳優のWEB上追っかけをしていたらTOEICの点数が急に伸びたのを思い出し、…というわけで、好きなことを英語でやってみたらいいよね、と思いつきました。

まあ、占星術の英語を知ったところで何になるのか、よくわかりませんが。

言葉は意外と連想ゲームのようにつながるので、好きなところから掘ってみる、って大事だと思っています。

このブログでは語彙を増やすことを目的に、占星術に使われる単語、とくに360のサビアンシンボルから単語をチェックしていこうと思っています。

 

というわけで、ここは占星術のブログじゃなくて、英語のブログです

ゴロがいいので「英語でサビア占星術」としていますが、内容はむしろ「サビア占星術で英語」です。

サビアンの解読どころか、占星術の解説もでてきません。。。

単に自分用の英単語メモ帳という仕様です。

 

英語と占星術に興味のある方は暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

 

なお、サビアンシンボルは、Cafe Astrology .com

 https://cafeastrology.com/

英和辞書は、アルク英辞郎 on the web

 http://www.alc.co.jp/

 を使わせてもらっています。

 

広告を非表示にする